2022年11月25日金曜日

GND Defender, DC Blocker発売のお知らせ

  iFi audioは、クラス最高のDACやヘッドフォンアンプなどの据え置き用およびポータブル用の受賞歴のあるオーディオデバイスのコレクションに加えて、オーディオシステムの性能に影響を与える一般的な問題に取り組むためのさまざまなアクセサリーを製造しています。その主な目的は、USBインターフェースから主電源まで、さまざまな要因で発生する可能性があるオーディオ信号のノイズを低減することです。 

iFi GND DefenderDC Blockerは、特に主電源に関連するノイズに対応しています。

GND DefenderDC Blocker、この2つの小さなデバイスは、68x37x32mmと同じサイズ、同じ入出力で見た目は似ていますが、ハム音の原因となる異なる問題に対処するために設計されています。一方をオーディオ機器の背面にある電源インレットに接続し、もう一方にお使いの電源ケーブルを取り付けます。単体でも、あるいはGND DefenderDC Blockerを組わせても使用でき、解決したい問題に応じて使い分けることができます。


インレット挿込型アース切断アイテム

GND Defender

標準的な小売価格:16,500円(単体・税込)
41,800円(3個バンドルセット・税込)
51,700円(4個バンドルセット・税込)
61,600円(5個バンドルセット・税込) 

20221125日より順次出荷開始

 


 

GND Defender:アースループとの戦いを制す
スピーカーからハムやバズノイズが聞こえる場合、あるいは想像よりも音が濁っていたりする場合にはアースループの問題が考えられます。GND Defenderは、アースループの問題を今までになくスマートに解消します。 

アースループ、これは、システム内の2つ以上のオーディオ機器が、異なる経路で共通のアース(またはグランド)に接続されている場合に発生します。例えば、オーディオ/AVシステムで、機器同士が信号ケーブルで接続されており、アースを共通としたコンセント/電源タップが2つ以上の機器の電源として使用されている場合などです。

アースループは、アンテナの効果を生み、外来ノイズを誘引します。オーディオシステムでは、しばしば複数のアースループや、極めて大きなアースループが形成され、その場合は、アンテナが大きくなることになり、より多くの外来ノイズを誘引してしまいます。アースループによるノイズ干渉は、オーディオの品質、AVシステムの画質に多大な影響を与えてしまうのです。 

アースループの一般的な解決策は、(i3pin-2pinアダプターを使って安全性とEMIシールド、そして接続安定性のすべてを損なうか、(ii)アース接続がなくEMIシールドがないチープな2pin電源ケーブルを使うかのどちらかです。

現代オーディオで重要な電源ケーブルは、そのほとんどが3pin仕様であり、アースループの対策を行うのは容易ではありません。安易な3pin-2pinアダプターの使用は安全性の問題だけではなく、電源ケーブルの振動特性や嵌合性を著しく悪化させるばかりか、シールド効果を失うことになり、電源ケーブル本来の性能が発揮できなくなります。これらを解決するには、特殊な配線の電源タップを特注するなどのオーダーメイド的対策が必要でした。 

GND Defenderは、この現代オーディオの大問題をスマートに解決します。GND Defenderは、機器の電源インレットと電源ケーブルの間に接続することで、アース接続を切断します。

オーディオシステムのある1つの機器(たいていの場合、プリ/プリメインアンプ)を除いた全ての機器にGND Defenderを接続することが、EMIシールド、安全性、接続安定性のすべてを維持しながらアースループを回避する唯一の正しい方法なのです。

 
オーディオシステムを構成される機器の数によっては、複数のGND Defenderが必要になります。GND Defenderを複数個お買い上げいただく場合に、最大約25%※お買い得なバンドルパッケージを用意しております。
5個バンドルパッケージ時:単体購入時は82,500円(税込)のところ、61,600円(税込)

 

インレット挿込型DCサプレッサー

DC Blocker

標準的な小売価格:19,800(税込)

20221125日より順次出荷開始


DC Blocker:主電源の直流(DC)電圧問題を解決
DC Blockerは、オーディオ機器の性能に影響を与え、トランスのハムノイズを引き起こす原因となる主電源の直流(DC)電圧問題に対する有効な解決策です。 

理論的には、私たちが家庭のコンセントから得ている主電源は、正相と逆相を交互に繰り返す完全に対称な正弦波で、純粋な交流であるべきです。しかし実際には、さまざまな理由により、このAC電圧は程度の差こそあれ直流(DC)電圧で「汚染」され、「DCオフセット」を引き起こしています。

オーディオ機器に一般的に搭載されているACトランスは、主電源にかなりの直流(DC)電圧が存在する場合、本来の性能を落とさずに受け入れることができません。トランスは飽和状態になり、耳障りな機械的ハム音を発生させる可能性があります。この現象は、トロイダルトランスを搭載したアンプに最も顕著に現れ、アンプの電力供給にも影響を与える可能性があります。DC Blockerは文字通り主電源の直流(DC)電圧成分を除去することで、この問題を解決します。

 今までにもDCサプレッサー製品はいくつかありましたが、自作や業務用途に近いアイテムであったり電源タップ型であったりと、オーディオクオリティを保ったまま特定の機器にピンポイントで使用するのが難しいものでした。DC Blockerは、トランス鳴きする特定の機器のみに使用することができ、また、音質的弊害、あるいは他の機器への影響を最小限に抑えることができます。

DC Blocker1000mV以上の直流(DC)電圧をキャンセルすることができ、それによってDCオフセットを修正し、交流正弦波の対称性を取り戻すことができます。また、DC Blockerは、検出されたDC電圧のレベルに応じて、その性能をインテリジェントに変化させることができます。これにより、DC Blockerが接続されたオーディオ機器の音質が最適な状態となるのです。


主な仕様(GND Defender
インテリジェントアース検知:接続した機器のアースを自動的に切断します
アースセーフ:障害が検出された場合に電流を流すためのアース接続を自動回復
定格電圧:90240V
サージ過負荷定格電流:220A
最大定格電流:10A
連続定格電流:7A
入出力:ホスピタルグレードIECコネクター(3pin
寸法:68 x 37 x 32 mm
重量:61g
保証期間:12ヵ月
標準的な小売価格:
              16,500円(単体・税込)
              41,800円(3個バンドルセット・税込)
              51,700円(4個バンドルセット・税込)
              61,600円(5個バンドルセット・税込)
JANコード;
              5060738784202(単体)
              45896314650693個バンドルセット)
              45896314650764個バンドルセット)
              45896314650835個バンドルセット)
※仕様は予告なく変更となる場合がございます
 
主な仕様(DC Blocker
ZERO DC Blockテクノロジー:最大1,200mVまでの直流を遮断
定格電圧:90 – 240V
定格電流:最大> 7A、連続4A
定格電力:400W100V)、880W220V
入出力:ホスピタルグレードIECコネクター(3pin
サイズ:68 x 37 x 32 mm
重量:63g
保証期間:12ヵ月
標準的な小売価格:19,800円(税込)
JANコード:5060738784196
※仕様は予告なく変更となる場合がございます

 

2022年11月2日水曜日

オーディオセッション in OSAKA 2022出展のお知らせ

トップウイングサイバーグループは2022115()6日(日)開催のオーディオセッション in OSAKA 2022へ出展いたします。出展内容を以下の通りご案内いたします。

 
[イベント名称]
オーディオセッション in OSAKA 2022
 
[主催]
大阪オーディオフェア実行委員会
 
[開催日時・場所]
115日(土)10:0019:00
116日(日)10:0017:00
ハートンホテル心斎橋
本館・別館
 
[弊社出展ブース]
3F 桜の間:トップウイング・サイバーサウンド・グループ
 
[事前登録受付期間]
予約なしでのご参加も可能ですが、入場制限を設けており、
ご入場できないことがございますので、
事前にインターネット予約されることをお勧めいたします。
来場予約いただいた方には、もれなく素敵なプレゼント!
お申し込みフォーム:https://eventregist.com/e/audiosession2022
 
[出展概要]
Volumio Rivo/Primo/Integro展示
トップウイング・サイバーサウンド・グループは、伊Volumioのハードウェア製品の日本総代理店となりました。年明けに下記3製品の取り扱いを開始いたします。詳細は決まり次第、改めて正式にお知らせいたします。正式な発表に先駆けて、以下取り扱い予定の3製品を参考展示いたします。
 
Volumio Rivo(ストリーマー/ネットワークトランスポート)
 


Volumio Primo(ストリーマー/ネットワークトランスポート/ネットワークプレイヤー)
 
Volumio Integro(ストリーマー内蔵プリメインアンプ)

Volumioは、PC/ネットワークオーディオ黎明期からオーディオ用OSVolumio」を開発し、現在に至るまでアップデートを継続してきました。また、多数のハードウェアメーカーに採用されていることは、Volumioの信頼性と音質の高さを裏付けています。ソフトウェアの重要度がますます高まっている現代のネットワークオーディオにおいて、オーディオソフトウェアの第一人者たるVolumioがハードウェアを製作することは、ネットワークオーディオにおけるターニングポイントと言えましょう。今回の参考展示、そして続報に是非ご期待ください。
 
そのほか、話題の新製品を中心に、展示を行います。
 


115()6日(日)の両日ともにイベントを行います。
 

115日(土)11時~12
これぞiFi audio!全部盛りなNEO Streamを濃密解説!
by:オーディオライター・橋爪 徹
話題の新製品 英iFi audio NEO Streamの機能や音質をありとあらゆる側面から徹底的に解説します。
 
115日(土)13時~14
M2TECH Joplin MkIIIJAZZを解明する
EQカーブはRIAAで良いのか
by:オーディオ評論家・土方久明/トップウイング広報・菅沼
デジタルフォノイコライザーJoplin MkIIIを用いて、JAZZ初期盤・オリジナル盤を聴きまくります。
 
115日(土)15時~16
長岡外盤セレクション・棚から一掴み
〜故・長岡鉄男コレクションより
by:オーディオ評論家・炭山アキラ
システムの実力が試される長岡外盤セレクション掲載盤を実際の先生のコレクションを用いて再生します。
 
116日(土)11時~12
アクティブアースの正しい使い方
by:トップウイング広報・菅沼
Telosが先駆者である仮想アースの一ジャンル・アクティブアースの効果を、色々な接続方法で検証します。アースループ・多重アースなどの誤った接続の弊害なども合わせて紹介します。
 
116日(土)13時~14
ストリーマー一斉比較
〜ネットワーク全盛時代に選ぶべき1台とは
by:オーディオ評論家・土方久明/トップウイング広報・菅沼
iFi audio NEO StreamSONORE Signature Rendu SE optical、そして本邦初公開となるVolumio Rivoを交えてストリーマーの根幹を探ります。
 
115日(土)15時~16
なぜバカ高い初回プレス盤を我々は買ってしまうのか
〜やっぱオーディオ無茶おもろい公開収録
by:音楽/オーディオライター・田中伊佐資、トップウイング広報・菅沼
 
なお、全公演は動画収録を行い、後日弊社TOP WING Cybersound GroupYouTubeチャンネルにて公開予定です。

2022年9月26日月曜日

NEO Stream Tips集

 

iFi audio NEO Stremを使用するにあたり、マニュアルには記載がないものの、便利な情報=Tipsをご紹介いたします。なお、本情報は、ファームウェアのバージョン等によって予告なく変更が行われる場合がありますので、ご注意ください。

※更新日:2022年10月14日 
ファームウェアバージョン 2.15.17

・設定画面へのアクセス方法
本体ディスプレイに表示されているIPアドレスあるいは、URLをブラウザに入力しアクセスください。もしくは、上記ブラウザ表示を代替するスマートフォンアプリをご利用ください。
※AIOモードの時のみ、設定画面へのアクセスが可能です

・可変、固定出力設定の変更方法
2.「Volume Options(音量オプション)」の「Mixer Types」の右にあるボックスを押す
3.希望の設定(None=固定出力、Software=可変出力)を選択
4.「Save(保存)」を押す
※設定反映にしばし時間がかかり、コントロールアプリの再起動が必要な場合があります
※固定出力設定時には、後段機器のボリュームにご注意ください
※Roon Ready排他モード時は、固定出力となります。可変出力を使用する際は、AIOモードでお使いください。


・DoP/Direct DSDの切り替え方法
2.「General Playback Options」の「DSD Playback Mode」の右にあるボックスを押す
3.希望の設定を選択
4.「Save(保存)」を押す
※設定反映にしばし時間がかかり、コントロールアプリの再起動が必要な場合があります


再生フォーマット上限と設定の組み合わせ
    可変出力/DoP設定:
            DSD128(ボリューム最大時)
            PCM768   
            MQA対応(ボリューム最大時・アナログ出力時)

    可変出力/DSD Direct設定:
            DSD128(PCM変換再生)
            PCM768
            MQA対応(ボリューム最大時・アナログ出力時)

    固定出力/DoP設定:
            DSD256
            PCM768
            MQA対応(アナログ出力時)

    固定出力/DSD Direct設定
            DSD512
            PCM768
            MQA対応(アナログ出力時)

※S/PDIF同軸, 光角、AES/EBU出力時、PCM352.8kHz以上及びDSDフォーマットは、再生できません
※USB出力設定時、USB-DACの仕様によって、DSD Directが設定できない場合がございます。その場合には、DSD出力はDoP出力(最大DSD256)となります。
※USB出力設定時、USB-DACの仕様を超えたフォーマットを再生することはできません

・Beta版ファームウェアの入手方法
※本手順で入手したファームウェアの動作については、サポート保証いたしません。もし不具合等と思わしき挙動が確認できた場合には、Beta版ファームウェアをお試しになられる前に、まずコンタクトフォームまでお問い合わせいただくことをお勧めいたします。 


1. http://ifi.local/dev/ にアクセス
2. Beta Update下のEnableを押す(押下しても反応はありません)
3.http://ifi.local/plugin/system_controller-system にアクセスして、「Check updates」を押す
※「Factory Reset」を行うことで、工場出荷時のファームウェアに戻すことができます

NEO Stream発売のお知らせ

PCM768/DSD512対応ストリーマー

NEO Stream

標準的な小売価格:198,000(税込)

発売日:2022926


 

無上のストリーミングを

iFi audioの据え置きミドルレンジシリーズNEOに加わる最新の製品は、クラス最高の拡張性と性能を誇るストリーマー(ネットワークトランスポート兼プレイヤー)です。 

ストリーミング・サービス、ダウンロード/リッピング音源を問わず、音楽鑑賞の方法としてネットワーク再生が主流になっています。Wi-Fiを搭載した1万円以下のスマートスピーカーから、もっと高価なオールインワン・ストリーミングシステム、そして本格的なセパレートシステムまで、ネットワーク再生を自宅に取り込む方法は様々です。CDやレコードなどの物理メディアなどを再生するときと同様に、ネットワーク再生においても、ストリーマーをアンプやスピーカーと組み合わせるなど、機器をうまく選んでセパレートシステムを構築することが、最高の音質を実現することにつながります。 

iFi audioの新製品NEO Streamは、クラス最高の拡張性と音質を実現するために、ゼロから設計されています。iFi独自の優れたネットワーク再生エンジンを最新バージョン化し、優れた設計のDACステージを内蔵しました。NEO Streamとアンプやスピーカー、あるいはお好みのDACを追加してセパレートシステムを構築することで、これまで20万円以下では到底達成できなかったネットワーク再生性能を実現します。

NEO Streamは、その先鋭的で今までにないデザインと数々の独自技術により、市場にある他のストリーマーとは明白に異なります。ほとんどのメーカーは、ストリーマーに組み込むプラットフォームとハードウェアを「買い取る」ことを行っています。つまり他の機器のほとんどは、機能と性能の面でどれも似通っているのです。また、特定のコントロールアプリや関連製品に限定する「囲い込み」的なアプローチもあります。NEO Streamは、機能的にも音質的にも、こうした制約を完全に取り払ったストリーマーです。NEO Streamは、お好みのコントロールアプリやプラットフォームから常に優れた音質を体験したいという熱烈な音楽愛好家に最適なストリーマーでありつつも、他のハイエンドストリーマーのような極めて高額な価格設定ではないのです。 


NEOでストリーマーの本質に迫る

 NEO Streamは、ZENシリーズとProシリーズの間に位置するiFiの据え置きミドルレンジシリーズ、NEOシリーズに加わる2つ目の製品です。「NEO」という名称は、全く新しいデザインと製品のカテゴリーに対して新しい機能を備えることから名づけられました。最初の製品であるNEO iDSDは、NEO Streamに共通する先鋭的なデザインと、USBS/PDIFBluetooth接続、卓越な音質を備え、他の機器を過去のものとするDAC/ヘッドホンアンプでした。NEO StreamNEO iDSDにネットワーク再生モジュールを追加し、ヘッドホンアンプを取り除いたものと思われるかもしれませんが、その推測は正確なものではありません。 

 NEO Streamのデスクトップ・サイズのアルミニウム筐体は、確かにNEO iDSDと共通です。しかし、その回路は既存のiFiデザインをベースとしながらも、内部構成とそれから生み出される性能と機能は、市場に存在する他のどの製品とも異なっています。NEO Streamは、熱狂的な愛好家による、熱狂的な愛好家のための、新しいタイプのストリーマーなのです。

 

NEO Streamはコンパクトなフォルムでありながら、高性能な回路と多くの機能を搭載

 

オープンソース・アーキテクチャ -ストリーミングを解き放つ

多くのストリーミング機器は、ユーザーを特定のプラットフォームに縛り付けます。これは、提供される機能がユーザーの用途に合致し、ユーザーがそのインターフェースに満足しているのであれば、必ずしも問題にはなりません。しかし、ユーザーが好みのストリーミング・プラットフォームやアプリケーションを自由に選択したいのであれば、用途の変化に順応、そして進化できるオープンソース・アーキテクチャの機器が明らかに有利です。 

iFiは、柔軟性とパフォーマンスを実現するために、独自のストリーミング・エンジンを開発しました。このエンジンは、強力なクアッドコアARM CortexプロセッサーとLinuxベースのオペレーティングシステムをベースに構築されており、オープンソースの性質は、将来的な進化を可能にしつつ、ユーザーが特定のプラットフォームに縛られないようにします。お望みのストリーミングの方法、つまりお気に入りのアプリやプラットフォームを選択でき、どのようなシステム構成であっても、音楽が最大限の音質で再生されるのです。 

大きな特徴として、iFiのストリーミング・エンジンは、高品質のオーディオ・ストリーミングを唯一の目的として、一から設計されています。ハードウェアは、iFiの自社開発ソフトウェアと調和しながら、最高の音質を実現するために構築されています。デバイスドライバーからカーネル(OSの心臓部)、シェル(カーネルとのインターフェース)、アプリケーション、ユーザーインターフェースまで、すべてがシームレスな操作と優れた音質を実現するために完全に最適化されているのです。 

この独自のストリーミング・ エンジンの中心にあるファームウェアは、2021年に発売されたストリーマーZEN Stream で最初に使用され、それ以来大幅に進化しています。ZEN Streamのユーザーは、すでにパフォーマンスと機能を向上させるアップデートの恩恵を受けています。NEO Streamは、このファームウェアの最新版と強化されたハードウェアを組み合わせて、真に特別なものを提供します。

                                   
NEO Streamは縦置きだけでなく横置きも可能で、ディスプレイは自動的に90度反転し、
さらに設置面積を小さくできます

どのようなストリーミングでも、最高のサウンドを

NEO Streamは、ストリーミング・サービスやローカルネットワークに保存された音楽と接続する方法が複数あり、NEO Streamのオープンソース・アーキテクチャにより、これらは将来的に拡張される予定です。ここでは、発売時に提供される設定のいくつかを紹介します。 

Roon Ready
 Roonは、優れたインターフェース、並外れた柔軟性、そして高音質により、高品質デジタル音源管理およびストリーミングの先導者となっています。NEO StreamRoon Readyの認証を取得しており、Roon環境にそのまま導入でき、Roonとシームレスに連携することができます。

DLNA/UPnP/OpenHome
 DLNA/UPnP対応のストリーミングアプリ(BubbleUPnPmconnectAudirvanaなど)を使ってNEO Streamを操作し、オンラインサービスやDLNA規格のNAS(ミュージックサーバー)から音源にアクセスすることが可能です。

TIDAL ConnectSpotify Connect
 多くの利用者がいるSpotify, TIDALのユーザーは、それぞれのアプリケーションから直接ストリーミングすることができます。

Apple AirPlay
 Appleデバイスから簡単にストリーミング再生ができるAirPlayを搭載しています。

HQPlayer NAANetwork Audio Adapter)
 NEO Streamは、多くの音楽ストリーミング愛好家に支持されるSygnalist HQPlayerと連携し、NAANetwork Audio Adapter)として動作させることが可能です。これは、Wi-FiLANケーブルで受信したオーディオデータのパケットに、処理を行わずに直接接続したDACに送ることができることを意味します。

Stream-iFiアプリによるローカルストレージからのストリーミング再生
 iFiの「Stream-iFi」アプリは、NEO Streamの初期設定を支援するシンプルなツールで、NASなどのローカルストレージからストリーミングを開始することができます。

    

お気に入りのプラットフォームで、あらゆるフォーマットと解像度のストリーミング配信が可能


超ハイレゾデジタルオーディオ

NEO Streamは、2通りの方法、搭載されたDACステージ/アナログ出力を介してアンプやスピーカーに接続する方法と、搭載されたデジタル出力の1つを外部DACに接続する方法のどちらかで使用することができます。後者の場合、NEO StreamZEN Streamと同様に「ストリーミングトランスポート」または「ネットワークブリッジ」として機能しますが、より高いレベルの「超ハイレゾ」性能を備えています。 

 

アナログ出力/デジタル出力にかかわらず、NEO Streamのハイレゾオーディオ対応は最先端です。PCM32bit/768kHzまで、DSDDSD512までのフォーマットに対応しています。驚くべきことに、これらのフォーマットはLAN入力だけでなく、Wi-Fiでもサポートされています。(384kHz PCMDSD256以上は、安定した強度の高い5GHzWi-Fi接続が必要です)。

ハイレゾストリーミングフォーマットであるMQAもサポートしており、最大384kHzまでのMQAファイルをフルデコード(アナログ出力時)することができます。これは、MQA「レンダラー」による最終的な展開だけでなく、「3つの展開」の完全なデコード処理が内部で行われることを意味します。デジタル出力を使用してMQA対応の外部DACを接続するときは、NEO StreamMQAパススルーあるいはコアデコードのみのどちらかで対応します。

 ※DSDネイティブ再生、MQA対応は固定出力設定時のみの機能となります

 

特注DACステージで卓越したサウンドを実現

NEO Streamの内蔵DACステージは、バーブラウン製DACチップをベースにしています。自然なサウンドの「音楽性」とトゥルー・ネイティブ・アーキテクチュアによって選定し、iFiが幅広い製品群に使っているものです。このDACチップにはiFiは豊富な経験を持っており、つまりそれを最大限に利用する方法を知っているということです。しかし、結果としてのサウンドに生来備わっている特質とはいっても、模範的なDACステージを生み出すことは、特定のDACチップを選べばすむということではまったくありません。

 そういったきわめて重要な部品のひとつが、LANWi-Fiなどのデジタル入力から受け取ったオーディオデータを処理するXMOSチップです。NEO Streamは、16コアXMOSマイクロコントローラーを搭載し 、iFi内部のデジタル開発チームがXMOSのファームウェアをプログラムすることで音質を最適化し、バーブラウンのDACと完璧な組み合わせになるようにしています。

 バーブラウン社製DACチップの4チャンネルTrue Native設計により、PCMDSDは別々の経路を通り、DSDPCMと同様にアナログ変換までネイティブな状態でビットパーフェクトを維持することができます。DSDの場合、PCMへの変換やマルチビットプロセッシングの適用がないのは珍しく、NEO StreamDSDピュアリストに最適な選択です。

 

多彩な入出力端子、そして…

 NEO Streamは、同価格帯のストリーマーでは唯一無二の接続性を備え、その対応幅とスペックは、様々なシステム構成において比類ない汎用性を提供します。 

・入力
 ・802.11a/b/g/n/ac対応デュアルバンドWi-Fi2.4GHz/5GHz)接続
 ・ギガビットLANRJ45端子、M12端子、光ファイバー端子搭載(詳細は下記参照)
 ・USB-A x 2, USB-C x 1USB2.0, SuperSpeedUSB3.0対応)
 ・サービスアップデート用USB-C x 1(ユーザー自身でオンラインアップデートも可能)
 
・出力
 ・アナログ出力:RCAシングルエンド、4.4mmバランス
 ・超ハイレゾデジタル出力(PCM768kHz/DSD512):I2S-HDMI, USB-A(USB3.0)
 ・ハイレゾデジタル出力(PCM192kHz):S/PDIF同軸, 光角、AES/EBU

背面には、NEO Streamが誇る多彩な接続機能を搭載しています


オプティカルLAN - 音楽をよりクリアに聴くために

NEO Streamには、Wi-Fiではなくケーブルでルーター、あるいはスイッチングハブへ接続するためのRJ45M12ポートに加え、オプティカルLANというユニークな選択肢が用意されています。これにはiFi独自の技術が組み込まれており、OptiBoxiFi特製のLAN/光ファイバー変換器)とルーター/スイッチングハブをLANケーブルで接続し、NEO StreamOptiBoxを光ファイバーケーブルで接続することで動作します(OptiBoxと光ファイバーケーブルはNEO Streamに同梱されています)。 

オプティカルLANは、ルーター/スイッチングハブとストリーマーを最高品質のデジタルオーディオで接続し、超高速データ転送と、距離による劣化の少ない超ハイレゾオーディオのビットパーフェクト伝送を可能にします。ルーター/スイッチングハブからのLAN信号はOptiBoxによって再生成、リクロック、信号のバランス調整が行われます。真のガルバニック絶縁が寄生容量とインダクタンスが全くない状態で適用されるのです。 


 ノイズを正すときが来た

 LANWi-Fiなどのデジタル入力からトゥルー・ディファレンシャル・バランス・アナログ出力ステージ、超高解像度に対応した多彩なデジタル出力まで、NEO Streamはオーディオ信号からノイズと歪みを除去するために細心の注意を払って設計されています。

 USBポートは入力、出力ともにiFi独自のANC IIActive Noise Cancellation II)を採用し、同様にS/PDIF出力はiPurifierテクノロジーを搭載しています。デジタル信号は、iFi独自のフェムト精度クロック回路 GMTGlobal Master Timing)の最新バージョンによって制御され、デジタル歪みの一種であるジッターを根絶しています。また、2インチTFTディスプレイもオーディオ信号に干渉する電気的ノイズを発生させないよう配慮したSilentLineデザインを採用します。 

回路部品には、TDKC0G積層セラミックコンデンサーや太陽誘電、村田製作所のインダクターなど、高品位の面実装ディスクリート部品を厳選して採用しています。これらは一般的な同等品よりも高価ですが、低ESR(等価直列抵抗)、高リニアリティ、低ノイズといったクラストップレベルの性能が音質面で大きな効果を発揮します。 

電源には、電圧レギュレーターとともにシンクロナス1.2MHz高速電源コントローラーが採用されています。レギュレーターは、高PSRRPower Supply Rejection Ratio)、低アイドル電流、低ドロップアウトの特性を持ち、コントローラーが更にフィルタリング効率を向上させ電源ノイズを驚異的に低減するのです。また、NEO Streamには、ANC II技術により他の類似機器よりも大幅にノイズを低減したiFiACアダプターiPower IIが同梱されています(単売価格:14,300[税込])。 

 このような細部へのこだわりが、NEO Streamの歪みのないピュアなパフォーマンスを実現しています。聴感においては、これらによって明瞭で品位の高い、よりダイナミックで魅力的な再生、端的に言えば、アーティストが意図したとおりの音楽をより多く聴くことができるのです。

NEO Streamの両面回路基板は、先進のIC、オーディオグレードのディスクリート部品、
特別に設計された薄型ヒートシンクを組み合わせています

あなたの好みに合わせます

 NEO Streamは、ユーザーが使用するシステムやストリーミング方法に合わせて、いくつかの異なる設定を行うことができます。例えば、「Exclusive Mode(排他モード)」は、1つのモードに集中して動作させることでパフォーマンスを最適化する独立した設定です。RoonTIDALDLNANAAに特化した設定のほか、マルチプラットフォームで使用するための一般的なモード(All-In-One)も用意されています。

 さらに、アナログ出力には、ユーザーが選択可能な4種類のデジタルフィルターも搭載しています。Bit-PerfectGTOGibbs Transient Optimized)、Minimum PhaseStandard4種類から、好みや楽曲に合わせて最適な設定を選択することができます。

 

小さくても強大

 NEO Streamは、214×151×41mmというコンパクトなサイズなので、伝統的なHi-Fiセパレート機器のストリーマーよりも狭いスペースに設置することが可能です。ユーザーの好みに合わせて横置き、付属スタンドを用いて縦置きが可能で、ディスプレイは自動的に回転します。また、マルチファンクションロータリーコントローラーを採用することで、高機能でありながらシンプルな操作性を実現しています。 

 2インチ高解像度TFTカラーディスプレイは、他のストリーマーに搭載されているディスプレイよりも小さいかもしれませんが、iFiは、机や棚に収めやすいコンパクトな機器である方が、大きなディスプレイよりも利点が大きいと考えています。ほとんどの人は、ストリーマーのディスプレイよりも、スマートフォンやタブレット、ノートPCなど、操作する機器の画面を見る時間の方がはるかに長いでしょう。そうでありつつも、NEO Streamのディスプレイは、カバーアートを含むさまざまなテキストやグラフィックを表示することができます。例えば、何か作業をしながらストリーミング・サービスでリコメンド再生をしているときに、ふと気になった曲の情報を一目で確認することができます。 

 NEO Streamは、926日より順次出荷を開始し、標準的な小売価格は198,000円(税込)です。付属品は、iPower IIOptiBoxiFi特製のLAN/光ファイバー変換器)と光ファイバーケーブル、OptiBoxUSB-A - USB-Cケーブル、OptiBox用電源アダプター、LANRJ45)ケーブル、アナログRCAケーブル、縦置き用アルミニウム製スタンドです。

 

ネットワーク再生を更なる高みへ
初回・100セット限定 NEO Stream+NEO iDSDバンドルセット

 NEO Streamには、アナログライン出力が搭載されていますが、ヘッドフォン出力がありません。同じNEOシリーズのNEO iDSDは、ヘッドフォン出力と、更に上質で充実したアナログ段のライン出力を持ちます。NEO StreamNEO iDSDの組み合わせはデザイン的に調和が取れており、NEO Streamのアナログ出力を大幅にアップグレードすることができます。 

 ネットワーク再生を初めから高品位で楽しんでいただくために、NEO StreamNEO iDSDのバンドルセットを用意しました。それぞれ単体で買うと計335,500円(税込)ですが、バンドルセットでは298,000円(税込)と約35,000円お得です。NEO Stream+NEO iDSDバンドルセットは、初回・100セット限定を予定しています。


製品仕様(NEO Stream
入力:Wi-Fi
           USB-A and USB-C (前面) (USB メモリ, HDD etc.)
           LAN (M12 X-code 8ピン/RJ45/オプティカル)
対応フォーマット:       DSD: 512 / 22.6MHz
                                       PCM: 768kHz/32bit
                                       MQAフルデコード
アナログ出力:              4.4mmバランス出力 4V RMS / RCAアンバランス出力 2V RMS
デジタル出力:              USB-C (前面)
                                       USB3.0-Aポート x2 (USB2.0対応)
                                       S/PDIF 光角 (PCM 最大192kHz, 24-bit)
                                       S/PDIF 同軸 (PCM 最大192kHz, 24-bit)
                                       AES/EBU (XLR - single link, PCM 最大192kHz)
                                       I2S-HDMI端子(PS Audio対応)ピンアサイン:
          1) Data- 2) Gnd   3) Data+ 4) Bck+ 5) Gnd 6) Bck- 7) Wck- 8) Gnd
           9) Wck+ 10) Mck+ 11) Gnd 12) Mck- 13,14,15,16) DSD Enable; L=PCM, H=DSD
           17) Gnd 18) 5V Power Enable Output; L=Off, H=On 19)N/C 20,21,22,23) Gnd
 
出力インピーダンス:    4.4mm:≤74Ω
                                       RCA≤37Ω
S/N比:           <-106dB(A) @ 0dBFS (BAL/UnBAL)
THD+N       <0.0025% @ 0dBFS (BAL/UnBAL)
入力電圧:       DC 9V/2.0A, 12V/1.8A, 15V/1.2A* (iPower II付属)
消費電力:       無信号時:<0.5W, 最大:14W
サイズ:           214 x 151 x 41 mm
重量:              1.0 kg
保証期間:       12ヵ月
標準的な小売価格:198,000円(税込)
JANコード:5060738786527
*使用するACアダプターは、定格電流を安定して供給できる必要があります。
※仕様は予告なく変更になる場合があります。
 
製品仕様(NEO Stream+NEO iDSDバンドルセット)
※仕様は各製品に準じます
標準的な小売価格:297,000円(税込)
JANコード:4589631465038